Skip links

暗号通貨は中国から移動

昨日、OPEC+諸国がアラブ首長国連邦との交渉を打ち切ったことで、ブレント価格は1バレル80ドルに向かいました。サウジアラビアとEAMの意見の相違は、原油価格の安定と経済回復を脅かしています。

両国間の争いにより、OPEC+の会合の協議が不安定になり、そのため8月に予定されていた増産が中止されました。協議再開の見通しが立たない中、ロンドンでは原油が過去2年で初めて77ドルを超えて急騰しています。今朝のアジア時間では、ブラックゴールドが上昇を続けています。

その他の金融市場は、明日(水曜日)に予定されている米連邦準備制度理事会(FRB)の議事録を前に様子見となっています。FRBは、最新のインフレデータ、雇用データ、およびウイルスの変異種を受けて、米国の金融政策の方向性を決定します。

金属 – 金は連日5回目の上昇を記録し、下半期をプラスでスタートしました。イエローメタルは0.3%上昇し、1オンスあたり1,798.68円となりました。パラジウム、銀、プラチナも若干の上昇を記録しました。

欧州では、英国の閣僚たちが、EU離脱後の金融行動監視機構(Financial Conduct Authority)とプルデンシャル規制機構(Prudential Regulation Authority)に対する監視を強化するよう求めています。40年以上にわたってEUの規制を英国の国内法の枠組みに組み込んできた英国は、独自の国内ルールの実施に戻ります。 今後は、世界最大の金融センターの一つである英国が、経済計画を開始し、MiFIDだけでなくEUの規制から離れる責任を負うことになります。

暗号通貨が中国からの移動を開始

最近の中国当局による暗号通貨に対する規制は、マイニング企業にそれに応じた行動を取らせています。多国籍のグローバル・ブロックチェーン会社(IBC)は、中国でのビットコインとイーサのマイニング業務を終了することを発表しました。

この暗号通貨多国籍企業は、従業員をカナダ、アイスランド、カザフスタン、米国、アラブ首長国連邦などに移動させる予定です。

アジアの国がデジタル資産に対して圧力をかけたことで、ビットコインは28%も下落しました。龍の国は先月、デジタル資産の投資家をターゲットにして、いくつかの省で活動制限を行うことで、暗号通貨に対するゲリラ戦を開始しました。

昨年、暗号資産の採掘量は世界の採掘量の65%を占めていました。ケンブリッジ大学によると、四川省は中国で2番目にビットコインを採掘している省だそうです。

10年以上も金融市場に携わってきた信頼できるブローカーであるトレーダー・トラストで、すべての経済ニュースをフォローしましょう。トレーダー・トラストで取引口座を開設し、200%入金ボーナス をご利用ください。