Skip links

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析とは、ある国の経済に影響を与える可能性のある政治的、経済的、社会的要因を解釈し、その結果、その国の通貨の価値に影響を与えることです。

一般的に、一国の経済の健全性はその国の通貨の価値に反映され、経済が健全な国は、そうでない国に比べて通貨が強くなる傾向があります。

投資家は、定期的に発表されるさまざまな経済データや統計報告をもとに、経済の健全性を判断し、通貨価値に影響を与える可能性があります。これらの報告書を掲載した経済カレンダーは、当社ウェブサイトの こちらからご覧いただけます。

最も人気があり、一般的に注目される経済指標

国内総生産

国内総生産(GDP)は、一国で生産された財やサービスの総額です。一定期間に渡って測定され、経済活動の最も広範な測定値の一つであり、経済の健全性を示す主要な指標となっています。GDPの増加は、その国の経済の成長と発展を示します。

貿易収支

貿易収支とは、ある国の一定期間における財・サービスの輸入額と輸出額の差を表します。プラスの数値は、輸入よりも輸出が多かったことを示し(貿易黒字)、マイナスの数値は、輸出よりも輸入が多かったことを示します(貿易赤字)。

小売売上高

小売売上高は、消費者および企業による小売業界が提供する商品およびサービスへの支出を測定するための主要指標です。経済の健全性を測るのに用いられ、米国のGDPの70%以上を小売売上高が占めています。

雇用変動

雇用者数の変化は、一定期間内の雇用者数の変動を測定します。個人消費は、雇用されている人の方がそうでない人よりも消費意欲が高い傾向にあるため、雇用水準と直接関係している。

消費者物価指数

消費者物価指数(CPI)は、一定の消費財やサービスの価値の平均的な変化を測定します。200以上のカテゴリーがあり、飲食料品、家計費、交通費、教育費、医療費などが含まれています。インフレやデフレの時期を特定するのによく使われ、消費者の消費傾向の変化を考慮して定期的に見直されています。

生産者物価指数

生産者物価指数(PPI)は、生産者が販売する完成品やサービスの価値の平均的な変化を測定するもので、インフレの先行指標となっています。生産者の商品やサービスのコストが上昇すると、通常は消費者に還元されるため、消費者物価指数が上昇します。

金利

金利とは、銀行がその国の中央銀行から資金を借りる際の利率のこと。政府が金融政策の手段として使用する金利は、経済の縮小期には借り入れを支援するために引き下げられ、経済の拡大期には貯蓄を支援するために引き上げられることが多い。景気後退時や不況時には、政府支出の増加や減税など、他の金融・財政手段と併せて金利の引き下げが行われます。

ファンダメンタルズ分析には、その国の経済に影響を与えるさまざまな要因が含まれているため、習得にはかなりの時間がかかります。トレーダース トラストでは、ファンダメンタルズを理解するプロセスを容易にするために、各経済指標とそれらが通貨価値にどのような影響を与えるかを説明する経済カレンダーと、著名なアナリストの予測を提供しています。

重要な経済報告書で発表されるデータを常に把握するために、当社ウェブサイトの経済カレンダーこちらをチェックしてください。ファンダメンタルズ分析を取引の意思決定に役立てたいとお考えの方は、デモ口座を開設してリスクフリーで取引を始めてみてはいかがでしょうか。