Skip links

ユーロ対米ドル

ユーロ対米ドル (EURUSD)

通貨ペアEURUSDは、ユーロ対米ドルのペアの短縮形、または欧州連合EUの通貨と米国の米ドルのクロスです。

-.-- -.--%
年間推移
-.--%
最高値・最安値
0.95358 / 1.39934
買い

--.--

売り

--.--

-.-
1日の値幅
低い
1.08334
高い
1.08407

EURUSD 契約仕様

  • 最小スプレッド : 0
  • 1ロットの契約サイズ : 100000
  • スワップタイプ: ポイント
  • スワップ(ロング): -9.54
  • スワップ (ショート): -0.44
  • 証拠金グループ : FX通貨ペア(メジャー)
  • 証拠金の通貨: EUR
  • ティックサイズ: 0
  • 取引プラットフォーム: MetaTrader 4
  • 最小取引量: 0.01
  • 最大取引量: 0
  • 取引可能時間 EET: 00:00 - 23:59 月曜日 - 金曜日
  • ヘッジ証拠金: 1
  • Days Swap: FX通貨ペア(水曜日)、貴金属・株価指数・原油エネルギー(金曜日)

EURUSD の歴史

EURUSD 通貨ペアの歴史は、1999 年に欧州連合の共通通貨としてユーロが設立されたことに遡ります。ユーロはいくつかの国の通貨に取って代わり、EURUSD ペアは外国為替市場で最も活発に取引される通貨ペアの 1 つとなりました。ユーロと米ドルの為替レートは、経済指標、中央銀行の政策、地政学的イベント、市場心理の影響を受ける。このペアは、ユーロ圏と米国経済のダイナミクスを反映し、長年にわたって大きな変動を経験してきました。トレーダーと投資家は、潜在的な取引機会を求めてEURUSDペアを注意深く監視しています。

トレーダーズ・トラストを選ぶ理由

何千人ものお客様にご利用頂いているトレーダーズ・トラストにて、プラットフォーム、取引条件、弊社チームのサポートをお客様の取引体験にご活用頂ける理由がここにあります。

FSA規制

規制に基づき、ライセンスを有するブローカーにて、安心してお取引をお楽しみください。

優れた取引条件

0pipsからのスプレッド、最大1:3000のダイナミックレバレッジでお取引ください。

Industry-Leading Platforms

業界をリードするプラットフォーム

業界トップクラスのプラットフォームでお取引頂けます。

Reliable Funding Methods

信頼の入出金方法

信頼できる入出金方法にて、スピーディーで手数料無料の入出金をご体験ください。

取引を始める

よくあるご質問

“EURUSDはユーロ-米ドルの略です。外国為替(FX)市場で使用される通貨ペアで、欧州連合(EU)の通貨であるユーロと米国の通貨である米ドルの為替レートを表します。為替レートは、1ユーロが米ドルでいくらに相当するかを示します。
たとえば、EURUSD の為替レートが 1.15 の場合、1 ユーロは 1.15 米ドルに相当することを意味します。EURUSDのような通貨ペアの為替レートは、経済指標、地政学的イベント、金利、市場センチメントなど、さまざまな要因によって常に変動しています。FXトレーダーや投資家は、これらの変動を利用して通貨の動きを推測し、国際貿易や金融取引を行っています。”

EURUSDペアを取引するには、以下の手順を踏む必要があります。まず、評判の良いFXブローカーを選び、取引口座を開設します。口座に希望の金額を入金します。次に、ファンダメンタル分析とテクニカル分析を使用してEURUSD市場を分析し、潜在的なエントリーポイントとエグジットポイントを特定します。トレンドフォロー、ブレイクアウト取引、レンジ取引など、適切な取引戦略を選択します。明確な取引計画を立てたら、ブローカーの取引プラットフォームを通じて取引を実行します。資本を保護するために、損切り注文や利益確定注文を設定するなど、リスク管理手法を導入する。取引を注意深く監視し、必要に応じて戦略を調整する。最後に、取引があらかじめ設定した基準を満たしたら、ポジションを決済して利益を確保するか、損失を限定します。取引スキルを向上させ、成功の可能性を高めるために、継続的に学び、練習することを忘れないでください。

EURUSDの取引時間は こちら にてご確認頂けます。

EURUSDペアで人気のある取引戦略には、トレンドフォロー、ブレイクアウト取引、レンジ取引、ニュース取引、キャリー取引、スキャルピングなどがあります。トレンドフォローでは、EURUSD市場の実勢トレンドを特定し、トレンドの方向にポジションをエントリーします。ブレイクアウト取引では、主要な支持線と抵抗線に注目し、強い値動きを早期に捉えることを目指します。レンジ取引では、サポート付近での買いとレジスタンス付近での売りが行われます。ニュース取引では、経済指標や中央銀行の発表に反応する。キャリー取引では、ユーロと米ドルの金利差を考慮する。スキャルピングでは、小さな値動きから利益を得るために素早く取引を行います。トレーダーは、適切なリスク管理手法を実施しながら、自分のリスク許容度と取引スタイルに合った戦略を選択する必要があります。

EURUSDペアを取引する際は、値動きに影響を与える可能性のあるファンダメンタル要因とテクニカル要因の両方を考慮する必要があります。ファンダメンタル面では、ユーロ圏と米国の経済指標やレポート、欧州中央銀行(ECB)と連邦準備制度理事会(FRB)の中央銀行の政策や声明に注目してください。地政学的イベントや市場全体のセンチメントも為替レートに影響を与える可能性がある。テクニカルの観点からは、様々な時間枠やチャートパターンを使って価格チャートを分析し、テクニカル指標を活用してトレンドや潜在的なエントリー・エグジットポイントを見極める。さらに、ポジションサイジング、ストップロス注文、テイクプロフィット注文などのリスク管理テクニックを導入して、資金を保護し、潜在的な損失を管理しましょう。レバレッジのかけすぎを避け、リスクとリターンの比率が良好であることを確認する。これらの要素を考慮し、規律あるアプローチを維持することで、EURUSDペアの取引において、より多くの情報に基づいた取引判断を下し、成功の可能性を高めることができます。