Skip links

豪ドル 対 日本円

豪ドル 対 日本円 (AUDJPY)

AUDJPYは、豪ドル(AUD)と日本円(JPY)の為替レートを表すFX通貨ペアであり、為替トレーダーに注目されています。

-.-- -.--%
年間推移
-.--%
最高値・最安値
59.881 / 109.369
買い

--.--

売り

--.--

-.-
1日の値幅
低い
106.553
高い
107.156

AUDJPY 契約仕様

  • 最小スプレッド : 0
  • 1ロットの契約サイズ : 100000
  • スワップタイプ: ポイント
  • スワップ(ロング): 4.4
  • スワップ (ショート): -20.56
  • 証拠金グループ : FX通貨ペア(メジャー)
  • 証拠金の通貨: AUD
  • ティックサイズ: 0
  • 取引プラットフォーム: MetaTrader 4
  • 最小取引量: 0.01
  • 最大取引量: 0
  • 取引可能時間 EET: 00:00 - 23:59 月曜日 - 金曜日
  • ヘッジ証拠金: 1
  • Days Swap: FX通貨ペア(水曜日)、貴金属・株価指数・原油エネルギー(金曜日)

AUDJPYの歴史

AUDJPY通貨ペアの歴史は、オーストラリアと日本の経済的、金融的相互作用を反映しています。
長年にわたり、この通貨ペアは、経済政策、金利、商品価格、世界的な市場心理の変化など、様々な要因の影響を受けて変動してきました。
オーストラリアの重要な商品輸出国としての役割と、日本の世界有数の産業・技術国家としての地位が、AUDJPY為替レートのダイナミクスに複雑さを加えています。
トレーダー並びに投資家は、オーストラリアドルと日本円の相対的な強さに関する洞察を得るためにこのペアを注視し、外国為替市場の貴重な構成要素となっています。

トレーダーズ・トラストを選ぶ理由

何千人ものお客様にご利用頂いているトレーダーズ・トラストにて、プラットフォーム、取引条件、弊社チームのサポートをお客様の取引体験にご活用頂ける理由がここにあります。

FSA規制

規制に基づき、ライセンスを有するブローカーにて、安心してお取引をお楽しみください。

優れた取引条件

0pipsからのスプレッド、最大1:3000のダイナミックレバレッジでお取引ください。

Industry-Leading Platforms

業界をリードするプラットフォーム

業界トップクラスのプラットフォームでお取引頂けます。

Reliable Funding Methods

信頼の入出金方法

信頼できる入出金方法にて、スピーディーで手数料無料の入出金をご体験ください。

取引を始める

よくあるご質問

AUDJPYは、オーストラリアドル(AUD)と日本円(JPY)の為替レートを表し、1豪ドルを買うのに何円の日本円が必要かを示しています。
この通貨ペアは外国為替市場で広く取引されており、経済指標、金利、地政学的イベント、市場心理など、さまざまな要因の影響を受けます。
トレーダー並びに投資家は、AUDJPYの相互の通貨価値の変動を追って投資し、その値動きから利益を得ることを目的としています。

AUDJPY通貨を取引するには、取引口座を開設する必要があります。口座開設後、ブローカーの取引プラットフォームを通じて取引を行うことができます。テ
クニカルやファンダメンタルを用いて市場を分析し、その分析と取引戦略に基づいて買い(ロング)または売り(ショート)注文を実行します。
ポジションを注視し、必要に応じて損切りや利益確定のレベルを調整することで、資金を保護します。
AUDJPY為替レートに影響を与えるニュースやイベントに関する情報を常に入手し、効果的なリスク管理手法を導入することが極めて重要となります。取引パフォーマンスを継続的に評価し、必要に応じて戦略を調整します。

AUDJPYの取引時間はこちらにてご確認頂けます。

AUDJPYペアで人気のある取引戦略には、トレンドフォロー、レンジ取引、ブレイクアウト取引があります。
トレンドフォローでは、全体的なトレンドの方向性を見極め、そのトレンドに沿った取引を行います。
レンジ取引では、主要な支持線と抵抗線を特定し、その範囲内で取引を行います。
ブレイクアウト取引では、為替レートがレンジをブレイクアウトする価格水準を見極め、ブレイクアウトの方向に取引を行います。
各取引戦略では、それぞれのリスクと考慮事項が伴うことにご留意下さい。

AUDJPYを取引する際には、オーストラリアと日本の経済指標の発表は為替レートに大きな影響を与えるためご注意下さい。オーストラリアと日本の主な経済指標には、金利、インフレ率、GDP、雇用統計などがあります。
さらに、貿易摩擦、政情不安、自然災害などの地政学的な出来事も為替レートに影響を与える可能性があります。

移動平均、オシレーター、チャートパターンなどのテクニカル分析指標も、潜在的なエントリー・ポイントやエグジット・ポイントを特定するのに役立ちます。リスク管理戦略を検討し、適切な損切り水準と利益確定水準を設定することも重要となります。リスクを軽減し、利益の可能性を最大化するためには、取引の意思決定を行う際にすべての関連情報をご考慮下さい。