Skip links

米ドル 対 カナダドル

米ドル 対 カナダドル (USDCAD)

USDCADは外国為替市場で人気のある通貨ペアで、米ドルとカナダドルの為替レートを表しています。米国とカナダの経済的結びつきが強いため、広く取引されています。

-.-- -.--%
年間推移
-.--%
最高値・最安値
1.07098 / 1.46898
買い

--.--

売り

--.--

-.-
1日の値幅
低い
1.37052
高い
1.37095

USDCAD 契約仕様

  • 最小スプレッド : 0
  • 1ロットの契約サイズ : 100000
  • スワップタイプ: ポイント
  • スワップ(ロング): -1.52
  • スワップ (ショート): -8.6
  • 証拠金グループ : FX通貨ペア(メジャー)
  • 証拠金の通貨: USD
  • ティックサイズ: 0
  • 取引プラットフォーム: MetaTrader 4
  • 最小取引量: 0.01
  • 最大取引量: 0
  • 取引可能時間 EET: 00:00 - 23:59 月曜日 - 金曜日
  • ヘッジ証拠金: 1
  • Days Swap: FX通貨ペア(水曜日)、貴金属・株価指数・原油エネルギー(金曜日)

USDCAD の歴史

“USDCAD 通貨ペアの歴史は、米国とカナダの経済的結びつきとの密接な関係が特徴です。
この通貨ペアは、米ドル(USD)とカナダドル(CAD)の為替レートを表しています。
歴史的に、カナダドルは商品価格、特にカナダはエネルギー輸出が多いため原油価格などの影響を受けてました。
この通貨ペアは、経済データ、中央銀行の政策、2国間の貿易関係に反応して変動してきました。
トレーダーや投資家は、取引機会のため、また北米の経済動向を反映するものとして、このペアを注視しています。”

トレーダーズ・トラストを選ぶ理由

何千人ものお客様にご利用頂いているトレーダーズ・トラストにて、プラットフォーム、取引条件、弊社チームのサポートをお客様の取引体験にご活用頂ける理由がここにあります。

FSA規制

規制に基づき、ライセンスを有するブローカーにて、安心してお取引をお楽しみください。

優れた取引条件

0pipsからのスプレッド、最大1:3000のダイナミックレバレッジでお取引ください。

Industry-Leading Platforms

業界をリードするプラットフォーム

業界トップクラスのプラットフォームでお取引頂けます。

Reliable Funding Methods

信頼の入出金方法

信頼できる入出金方法にて、スピーディーで手数料無料の入出金をご体験ください。

取引を始める

よくある質問

USDCAD は、米ドル(USD)とカナダドル(CAD) の為替レートを表す通貨ペアです。このペアでは、USDは基本通貨で、CADはクォート通貨です。これは、1米ドルがカナダドルでどのくらいの価値があるかを示しています。この通貨ペアは外国為替市場で広く取引されており、経済指標、中央銀行の政策、商品価格(特に原油)、米国とカナダの貿易関係など、さまざまな経済要因の影響を受けます。トレーダーや投資家はUSDCADペアを使用して、これら2つの通貨の相対的な強さや弱さを推測し、為替レートの価格変動を利用しています。

USDCADペアを取引するには、口座を開設する必要があります。口座を開設すると、取引プラットフォームを通じてUSDCADペアの取引を行うことができます。取引に入る前に徹底的な調査と分析を行い、適切なリスク管理戦略を設定することが重要です。そのためには、テクニカル分析ツールを使用し、関連ニュースや経済指標を監視し、米ドルとカナダドルの為替レートに影響を与える可能性のある金利差や地政学的イベントなどの要因を考慮する必要があります。

USDCAD の取引時間は こちら でご確認いただけます。

USDCADペアで人気のある取引戦略には、トレンドフォロー、ブレイクアウト取引、レンジ取引、スイング取引、キャリー取引、ニュース取引、ダイバージェンス取引、スキャルピング、ポジション取引、ヘッジなどがあります。
これらの戦略は様々な取引スタイルや目的に対応しており、トレーダーは、自身の好みや市場環境に合った戦略を選択します。
これらの戦略を適用する際には、資金を保護するために効果的なリスク管理が不可欠です。

USDCADペアを取引する際、考慮すべき要素がいくつかあります。
まず、米国とカナダ両国からの経済指標やニュースリリースを監視することが重要です。注視すべき主な指標には、GDP成長率、雇用統計、インフレ率、中央銀行の発表などがある。さらに、金利差、地政学的イベント、商品価格(特に原油)などの要因もUSDCAD為替レートに影響を与える可能性があります。
十分なテクニカル分析とファンダメンタルズ分析を行い、リスク管理手法を駆使し、市場の状況を常に把握して、十分な情報に基づいた取引判断を行うことをお勧めします。