Skip links

ユーロ対英国ポンド

ユーロ vs 英国ポンド (EURGBP)

EURGBP 通貨ペアは、ユーロ EUR と英ポンド GBP の為替レートを追跡する人気の外国為替取引の選択肢です。

-.-- -.--%
年間推移
-.--%
最高値・最安値
0.69353 / 0.9605
買い

--.--

売り

--.--

-.-
1日の値幅
低い
0.83784
高い
0.83991

EURGBP 契約仕様

  • 最小スプレッド : 0
  • 1ロットの契約サイズ : 100000
  • スワップタイプ: ポイント
  • スワップ(ロング): -8.34
  • スワップ (ショート): 0.34
  • 証拠金グループ : FX通貨ペア(メジャー)
  • 証拠金の通貨: EUR
  • ティックサイズ: 0
  • 取引プラットフォーム: MetaTrader 4
  • 最小取引量: 0.01
  • 最大取引量: 0
  • 取引可能時間 EET: 00:00 - 23:59 月曜日 - 金曜日
  • ヘッジ証拠金: 1
  • Days Swap: FX通貨ペア(水曜日)、貴金属・株価指数・原油エネルギー(金曜日)

EURGBP の歴史

EURGBP 通貨ペアの歴史は、ユーロ圏と英国の経済的・政治的関係の発展を反映しています。ユーロが導入される前は、ポンドはさまざまな欧州通貨に対して取引されていました。しかし、1999年にユーロが導入されると、EURGBPペアは主要な外国為替市場として浮上しました。長年にわたり、その為替レートは経済データの発表、金利差、地政学的イベントによって大きく変動してきた。その歴史の中で最も注目すべき瞬間の1つは、英国の欧州連合(EU)離脱の決定で、これによりボラティリティと不確実性が高まった。その結果、EURGBPペアは、この2つの主要経済間の力学を洞察するために、トレーダーや投資家によって注意深く監視され続けています。

トレーダーズ・トラストを選ぶ理由

何千人ものお客様にご利用頂いているトレーダーズ・トラストにて、プラットフォーム、取引条件、弊社チームのサポートをお客様の取引体験にご活用頂ける理由がここにあります。

FSA規制

規制に基づき、ライセンスを有するブローカーにて、安心してお取引をお楽しみください。

優れた取引条件

0pipsからのスプレッド、最大1:3000のダイナミックレバレッジでお取引ください。

Industry-Leading Platforms

業界をリードするプラットフォーム

業界トップクラスのプラットフォームでお取引頂けます。

Reliable Funding Methods

信頼の入出金方法

信頼できる入出金方法にて、スピーディーで手数料無料の入出金をご体験ください。

取引を始める

よくあるご質問

EURGBPは、ユーロEURと英ポンドGBPの為替レートを表す通貨ペアです。為替レートは、1ユーロを購入するのに必要な英ポンドの量を示しています。この通貨ペアは、取引や投資、特に外国為替市場で広く使用されています。トレーダーや投資家は、EURGBP 為替レートの変動を注視しています。これは、ユーロと英ポンドの相対的な強さや弱さに関する洞察を提供するためで、経済データ、政治情勢、2 つの通貨に対する市場のセンチメントによって影響を受けます。EURGBP 通貨ペアの動きを理解することは、国際貿易を頻繁に行う企業にとって重要であり、為替リスクへのエクスポージャーを監視する必要があります。

EURGBPペアを取引するには、この通貨ペアを提供しているFXブローカーで口座を開設します。口座を開設したら、ブローカーの取引プラットフォームを使用してEURGBPペアの買い注文または売り注文を出すことができます。市場を分析し、テクニカル分析ツールを使用して潜在的な取引機会を特定し、市場のニュースを常に更新することが重要です。さらに、取引戦略を設定し、ストップロス注文と適切なポジションサイジングを使用してリスクを管理します。戦略に基づいて取引を実行し、ポジションを注意深く監視してください。

EURGBPの取引時間は こちら でご確認いただけます。

EURGBP通貨ペアには、さまざまな人気の取引戦略があります。1つの戦略はトレンドフォローで、トレーダーは為替レートのトレンドを監視し、トレンドの方向に取引をエントリーします。もう1つの戦略はレンジ取引で、トレーダーは価格レンジの下限で買い注文を出し、上限で売り注文を出します。ブレイクアウト取引も人気のある戦略で、主要な価格水準を特定し、通貨ペアがその水準を突破したときに取引を開始します。これらの戦略を効果的に実行するためには、トレーダーは市場に対する確かな理解とリスク管理技術を持つ必要があることに注意することが重要です。

EURGBPペアを取引する際には、考慮すべき要素がいくつかあります。まず、金利決定、GDPデータ、雇用統計、政治情勢など、為替レートに影響を与える可能性のある経済指標やニュースリリースに注意しましょう。さらに、ユーロや英ポンドに対する全体的なセンチメントや、ユーロ圏や英国に特有の経済的・政治的要因を注視しましょう。テクニカル分析ツールは、EURGBP 為替レートの過去の価格パターン、支持線と抵抗線、トレンドの分析にも役立ちます。最後に、通貨ペアはグローバルな市場動向、リスクセンチメント、地政学的イベントの影響を受ける可能性があるため、より広範な市場状況について常に情報を得ることが重要であることを念頭に置いてください。