Skip links

ユーロ vs 日本円

ユーロ vs 日本円 (EURJPY)

EURJPY通貨ペアは、ユーロEURと日本円JPYの為替レートを表しています。このペアは、ユーロ圏と日本の経済的影響力が大きいため、FXトレーダーの間で人気があります。

-.-- -.--%
年間推移
-.--%
最高値・最安値
109.489 / 175.426
買い

--.--

売り

--.--

-.-
1日の値幅
低い
171.545
高い
172.273

EURJPY 契約仕様

  • 最小スプレッド : 0
  • 1ロットの契約サイズ : 100000
  • スワップタイプ: ポイント
  • スワップ(ロング): 4.98
  • スワップ (ショート): -25.97
  • 証拠金グループ : FX通貨ペア(メジャー)
  • 証拠金の通貨: EUR
  • ティックサイズ: 0
  • 取引プラットフォーム: MetaTrader 4
  • 最小取引量: 0.01
  • 最大取引量: 0
  • 取引可能時間 EET: 00:00 - 23:59 月曜日 - 金曜日
  • ヘッジ証拠金: 1
  • Days Swap: FX通貨ペア(水曜日)、貴金属・株価指数・原油エネルギー(金曜日)

EURJPYの歴史

EURJPY通貨ペアの歴史は、1999年にユーロ圏の公式通貨としてユーロEURが採用されたことに遡る。それ以前は、欧州各国はそれぞれの自国通貨を持っていました。日本円JPYは長年にわたり、世界の外国為替市場で安定した影響力を持つ通貨です。EURJPYペアが誕生して以来、経済イベント、中央銀行の政策、世界的な地政学的動向の影響を受け、大きく変動してきた。このペアはユーロ圏と日本の経済の健全性を反映することが多く、これらの経済へのエクスポージャーを求めるトレーダーや投資家にとって重要なバロメーターとなっています。長年にわたり、EURJPYはトレーダーに為替レートの動きから利益を得たり、ポートフォリオを多様化する機会を提供してきました。

トレーダーズ・トラストを選ぶ理由

何千人ものお客様にご利用頂いているトレーダーズ・トラストにて、プラットフォーム、取引条件、弊社チームのサポートをお客様の取引体験にご活用頂ける理由がここにあります。

FSA規制

規制に基づき、ライセンスを有するブローカーにて、安心してお取引をお楽しみください。

優れた取引条件

0pipsからのスプレッド、最大1:3000のダイナミックレバレッジでお取引ください。

Industry-Leading Platforms

業界をリードするプラットフォーム

業界トップクラスのプラットフォームでお取引頂けます。

Reliable Funding Methods

信頼の入出金方法

信頼できる入出金方法にて、スピーディーで手数料無料の入出金をご体験ください。

取引を始める

よくあるご質問

EURJPYはユーロEURと日本円JPYの為替レートを表す通貨記号です。1ユーロを買うのに何円の日本円が必要かを示しています。為替レートは、外国為替市場における需要と供給の相互作用によって決定されます。EURJPYレートが高いということは、ユーロが日本円に比べて強いということであり、その逆も同様です。FXトレーダーはEURJPYペアを監視し、取引機会を特定し、経済指標、市場センチメント、地政学的要因に基づいて情報に基づいた意思決定を行います。

EURJPYペアを取引するには、口座を開設する必要があります。口座を開設したら、プラットフォームにアクセスし、EURJPYのシンボルを検索します。ユーロが日本円に対して強くなると思えば買い(ロング)、ユーロが日本円に対して弱くなると思えば売り(ショート)です。トレーダーは多くの場合、テクニカル分析、ファンダメンタル分析、リスク管理戦略を駆使して、十分な情報に基づいた取引判断を下します。ボラティリティや市場動向は急速に変化する可能性があるため、EURJPYペアに影響を与える可能性のある経済イベントやニュースを常に更新しておくことが重要です。

EURJPYの取引時間は こちら からご確認いただけます。

EURJPYペアを取引する際、トレーダーが採用している人気の取引戦略がいくつかあります。一般的な戦略の1つはトレンドフォローで、トレーダーは市場のトレンドを見極めてフォローし、トレンドの方向によって買ったり売ったりします。もう一つの戦略はレンジ取引で、トレーダーはサポートレベルで買い、レジスタンスレベルで売ることにより、特定のレンジ内での価格変動から利益を得ることを狙います。ブレイクアウト取引も人気のある戦略で、価格が重要な支持線または抵抗線を突破したときに取引に参入します。さらに、トレーダーは移動平均、RSI、またはMACDのようなテクニカル指標を使用して、エントリーポイントとエグジットポイントを特定することができます。トレーダーは、さまざまな戦略をテストして適応させ、自分に最適なものを見つけることが重要であり、また、資本を保護するためにリスク管理手法を取り入れることも検討する必要があります。

EURJPYペアを取引する際は、経済データの発表、中央銀行の政策、地政学的イベント、テクニカル分析、市場センチメントなどの要因を考慮することが重要です。経済データは通貨価値に影響を与え、中央銀行の行動や政策は金利や為替レートに影響を与えます。地政学的イベントは不確実性を生み出し、通貨価値に影響を与える可能性があります。テクニカル分析は、トレンドや支持線・抵抗線の特定に役立ちます。さらに、ユーロと円に対する市場のセンチメントは、それぞれの為替レートに影響を与える可能性があります。これらの要素を考慮することで、EURJPYペアを取引する際に、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。