Skip links

ニュージーランドドル 対 日本円

ニュージーランドドル 対 日本円 (NZDJPY)

NZDJPY通貨ペアは、ニュージーランドドル(NZD)と日本円(JPY)の為替レートを表しています。この通貨ペアは広く取引されており、ユニークな経済力が融合されています。

-.-- -.--%
年間推移
-.--%
最高値・最安値
59.514 / 99.015
買い

--.--

売り

--.--

-.-
1日の値幅
低い
93.471
高い
94.817

NZDJPY 契約仕様

  • 最小スプレッド : 0
  • 1ロットの契約サイズ : 100000
  • スワップタイプ: ポイント
  • スワップ(ロング): 5.86
  • スワップ (ショート): -19.94
  • 証拠金グループ : FX通貨ペア(メジャー)
  • 証拠金の通貨: NZD
  • ティックサイズ: 0
  • 取引プラットフォーム: MetaTrader 4
  • 最小取引量: 0.01
  • 最大取引量: 0
  • 取引可能時間 EET: 00:00 - 23:59 月曜日 - 金曜日
  • ヘッジ証拠金: 1
  • Days Swap: FX通貨ペア(水曜日)、貴金属・株価指数・原油エネルギー(金曜日)

NZDJPYの歴史

NZDJPY通貨ペアの歴史は、1985年のニュージーランドの変動相場制の確立にさかのぼります。それ以前は、ニュージーランドの通貨は、日本円(JPY)を含む通貨バスケットに固定されていました。
変動相場制が採用されて以来、NZドル円ペアは、金利の変動、経済情勢、世界の市場心理など、さまざまな要因の影響を受けてきました。
長年にわたり、商品価格の変動などニュージーランド経済の変動や、日本銀行の金融政策決定など日本経済の動向を反映し、大きな変動を示してきました。
トレーダーや投資家は、NZDJPYペアの過去のデータやトレンドを活用し、取引戦略に役立てたり、より広い経済情勢を洞察したりしています。

トレーダーズ・トラストを選ぶ理由

何千人ものお客様にご利用頂いているトレーダーズ・トラストにて、プラットフォーム、取引条件、弊社チームのサポートをお客様の取引体験にご活用頂ける理由がここにあります。

FSA規制

規制に基づき、ライセンスを有するブローカーにて、安心してお取引をお楽しみください。

優れた取引条件

0pipsからのスプレッド、最大1:3000のダイナミックレバレッジでお取引ください。

Industry-Leading Platforms

業界をリードするプラットフォーム

業界トップクラスのプラットフォームでお取引頂けます。

Reliable Funding Methods

信頼の入出金方法

信頼できる入出金方法にて、スピーディーで手数料無料の入出金をご体験ください。

取引を始める

よくある質問

NZDJPYは一般的に使用されるFX取引のシンボルで、ニュージーランドドル(NZD)と日本円(JPY)の2つの通貨間の為替レートを表しています。この通貨ペアでは、NZDが基準通貨で、JPYがクォート通貨です。トレーダーや投資家が1ニュージーランドドルを購入するのに必要な日本円の値を示しています。
NZDJPY の為替レートは、金利、経済データ、世界的な市場センチメントなど、さまざまな経済要因に影響されるため、通貨の動きを推測したり、ニュージーランドと日本双方の経済状況を把握したい方に人気のある通貨ペアです。
トレーダーはこの通貨ペアを分析し、外国為替市場で十分な情報に基づいた意思決定を行い、リスクを効果的に管理する必要があります。

NZDJPY通貨ペアを取引するには、以下の手順に従ってください: 外国為替市場とNZDとJPYに影響を与える要因について知識を深め、評判の良いブローカーを選び、テクニカル分析やファンダメンタル分析を用いて市場を分析し、取引戦略とリスク管理計画を立て、選択した取引プラットフォームを通じて取引を実行し、市場の調整を継続的に監視します。
NZドル円の取引を成功させるには、知識と規律、そして入念に練られたアプローチが必要となります。

NZDJPYの取引時間は こちら からご確認いただけます。

NZDJPYペアで人気のある取引戦略には、トレンドフォロー、レンジ取引、ブレイクアウト取引、キャリー取引があります。
トレンドフォローは、確立されたトレンドを見極めて取引することに重点を置き、レンジ取引は、横ばい相場におけるサポート付近での買いとレジスタンス付近での売りに重点を置きます。
ブレイクアウト・トレーディングは、価格が重要な水準からブレイクアウトする機会を狙います。
キャリー・トレーディングは、NZドルと日本円の金利差を利用し、利回りの高い通貨から利益を得ながら、利回りの低い通貨を保有することを目指します。
トレーダーは、これらの戦略を実行する際、市場の状況やリスク管理を慎重に考慮する必要があります。

NZDJPYペアを取引する際には、考慮すべきいくつかの要因があります。
まず、ニュージーランドと日本の経済データとイベントをモニターすることが重要です。金利、インフレ率、GDP、地政学的動向などに注目してください。
さらに、世界的なリスクセンチメントや市場動向も通貨ペアに影響を与える可能性があるため、より広範な市場環境を見極めることが重要となります。
リスク管理戦略を採用し、損切り注文を設定し、取引前にリスク許容度を決定します。
NZDJPYペアは様々な経済的、地政学的要因に敏感であるため、十分な情報と適応力を維持することが、NZDJPYペアを取引する際の鍵となります。