XAGEUR

シルバー-米ドル

貴金属

-1.70%

今日の安値 - 今日の高値

20.567 - 21.116

ロー・スプレッド
スワップ(ロング)
-1.41
スワップ(ショート)
-1.99
マージン 要件
1%
トレーディングサイズ
0.01 - 50
契約サイズ(通貨)
5000
レバレッジ最大
1:50
スワップ三倍付与日
水曜日

XAGEUR チャート

取引毎の手数料

クラシック口座 $0  プロ口座 $3  VIP 口座 $1.5

オープニング

月曜日 1:00

閉じる

金曜日 20:30

サーバー時間

GMT+3

毎日の休憩

00:00-01:00

XAGEUR

概要

XAGEUR

銀は世界中の鉱山で採掘される貴金属です。銀の採掘量トップの国はメキシコで、年間平均1億8千万オンスが採掘されています。ホワイトメタルの用途の多様性と、有限のストックを前提としていることから、有形性の高い資産とされ、伝統的にセーフヘブン資産と呼ばれています。

古くから銀は貨幣や宝飾品の材料として使われてきました。研究や新技術の進歩により、産業、医療、技術分野でも利用されるようになりました。銀の生産量の約60%はこれらの分野に使われており、宝飾品に使われる20%と比べても遜色ありません。また、銀の約8%は投資目的で使用されています。

XAGの価格に影響を与える要因

ほとんどの商品と同様に、銀の価格は一般的に需要と供給、そして投機の影響を受けます。銀価格に影響を与える要因には以下のようなものがあります。

技術と産業

銀は、延性があり可鍛性のある金属です。また、エネルギーや電気の伝導性にも優れているため、電子部品の製造に広く使用されています。このような産業での貴金属の需要が高まれば、銀の価格は急上昇します。逆に需要が減れば、価格は下がる可能性があります。

電気通信

電気通信の分野は、他の新技術の開発とともに絶えず進歩しています。5Gネットワークの開始は、銀の需要を増加させる可能性があります。銀は、伝送を製造するための重要なコンポーネントの1つだからです。

経済データ

世界中の様々な経済データが発表されると、銀価格に影響を与える可能性があります。例えば、製造業の購買担当者指数(PMI)のデータは、銀需要の信頼性を示す指標となります。

社会・政治的要因

社会政治的な出来事も、銀価格に直接影響を与える可能性があります。2020年には、COVID-19のパンデミックと世界的なロックダウンのため、銀鉱山での銀の生産を停止せざるを得ませんでした。生産量は約6%減少しましたが、一方で安全資産である銀への投資家の関心が高まり、銀の価格は上昇しました。シルバー・インスティテュートが発表した「ワールド・シルバー・サーベイ2021」によると、2020年の銀ETPへの純投資額は298%にまで高騰しています。

再生可能エネルギーへの応用

環境に配慮した再生可能エネルギー製品への人気が高まると、ソーラーパネルや電気自動車の電気接続部などの製造に銀素材が使用されるため、銀の需要が増加する可能性があります。2020年には、ホワイトメタルの需要は約20%増加します。

XAGを取引する理由

銀は供給量が限られた貴金属で、安全な資産と考えられています。これは、世界的な動乱や不確実性の時代にも価値の維持や上昇が期待されることを意味します。投資家は、金融資産の価値が下がる可能性に対して、投資ポートフォリオをヘッジするためにこの資産を利用することができます。

XAGの価格推移

銀の採掘は、5,000年以上前の先史時代にさかのぼります。16世紀の探検ブームでは、新しい鉱山が開かれて生産量が増加しました。また、産業革命により、銀の用途が拡大し、銀の採掘が盛んになりました。1900年から1920年にかけて、アメリカ、アジア、ヨーロッパで新たな鉱床が発見されたことにより、世界の銀生産量は50%増の1億9000万オンスに達しました。

しかし、1929年の株式市場の大暴落と世界大恐慌により、貴金属は大暴落しました。1932年から1934年にかけて、銀は1オンスあたり0.25ドルという史上最低の価格まで下落しました。1979年の石油危機により、銀の価格は1オンスあたり5ドルから49ドルにまで上昇しました。一般的にこの時期、商品価格は回復しました。

2011年、米国の債務上限問題の後、銀は再び50ドル近くまで上昇しましたが、この高値に達したのは30年以上ぶり2度目です。その後、2000年代に入ると、銀価格は下落していきました。2020年には、コヴィド-19の発生により、銀価格は再び高騰しました。2021年2月には、貴金属価格は8年ぶりの高値となる1オンス30ドルまで上昇した。

ユーロ

ユーロは、欧州経済共同体を構成する国々の公式通貨です。つまり、いくつかの例外を除いて、ユーロ圏のほとんどの国が同じ通貨を共有しており、その通貨は特定の国のグループの経済状況を反映しています。ユーロは1999年に導入され、2002年に硬貨と紙幣が流通するようになりました。

ユーロの価格に影響を与える要因

ユーロの価格は、経済データや経済報告書の発表、金利決定、ECB(欧州中央銀行)による金融政策の変更、ユーロ圏内で発生する地政学的イベントなどによって影響を受けます。同時に、ユーロ圏外で発生した事象も、欧州共同体通貨の価格に影響を与える可能性があります。

XAGEURの取引方法

貴金属に投資する一つの方法は、銀のCFDを取引することです。この方法では、資産を購入することなく、銀の価格へのエクスポージャーを得ることができます。また、この資産の価格の方向性を推測し、下落や上昇から利益を得ることができます。銀の価格が下がると思えば、売りポジションを持ち、上がると思えば、買いポジションを持つことができます。

デモ口座開設 ライブ口座開設

マージン取引は、あなたの投資した資本に重大なリスクを伴う

TOP
Trade Responsibly:Your capital is at risk. Leveraged products may not be suitable for everyone. Please consider our Risk Disclosures for Financial Instruments
+