パフォーマンスフィーとは何ですか?

どのように我々は助けることができます?

現在こちらにいます:
« 戻る

パフォーマンスフィーとは、ストラテジープロバイダー(MAM/PAMM運用者)が運用成績に応じて受け取る事の出来る報酬となります。

パフォーマンスフィーは、0%~最大50%まで、ストラテジープロバイダーの希望に応じて投資家へ課金・徴収する事が出来ます。

このパフォーマンスフィーは、ハイ・ウォーター・マーク方式(HWM)と呼ばれる方式で算出されます。

例えば、以下の運用成績にてストラテジープロバイダーが運用し、パフォーマンス報酬の設定が20%だったとします。

1月の運用成績 10,000ドル
2月の運用成績 15,000ドル
3月の運用成績 13,000ドル
4月の運用積関 20,000ドル
5月の運用成績 18,000ドル
6月の運用成績 23,000ドル

1月から運用を初め初月は、10,000ドルの運用成績だったので、1月頭から1月末までの運用成績10,000ドルにて最高成績を更新したとして、投資家から2月頭に20%2,000ドルの運用報酬を徴収する事が出来ます。

2月の運用成績は1月の運用成績を更新した為、最高成績を更新したとして、投資家から3月頭に20%の3,000ドルの運用報酬を徴収する事が出来ます。

3月は、2月の運用成績を更新する事が出来なかった為、3月分のパフォーマンス報酬(運用報酬)はなしとなります。

4月は、2月に更新した最高成績15,000ドルを更新し、20,000ドルとなったので、最高成績更新したとして、投資家から5月頭に20,000ドルの20%、4,000ドルを徴収する事が出来ます。

5月は、再び4月の最高成績を更新する事が出来なかった為、5月分のパフォーマンス報酬(運用報酬)はなしとなります。

6月は、23,000ドルの運用成績で、過去最高成績を更新した為、7月頭に投資家から23,000ドルの20%、4,600ドルを運用報酬として徴収する事が出来ます。