制度的に受け入れられてのビットコイン増加

bitcoin gains

JPモルガンはクライアントにビットコインファンドを提供する準備をしています。この動きは最大の仮想通貨に対する制度的な受け入れの最新の兆候となります。

ファンドは2021年夏までに利用可能になる予定です。JPモルガンはまた、2020年にビットコイン取引所のCoinbaseとGemini Trust を銀行のクライアントとして受け入れ、2019年にJPMコインを発売しました。これはJPモルガンが仮想通貨を利用して企業の支払いを加速させる方法です。 JPモルガンの共同社長であるダニエル・ピント氏も、ビットコインに関して同社は「クライアントに同行する」と述べました。

ニューヨークを拠点とする投資銀行会社がモルガンスタンレーに加わり、富裕層の顧客にビットコインファンドを提供しています。 モルガンスタンレーは、クライアントにビットコインファンドへのアクセスを提供した最初の米国大手銀行になりました。 報告によると、最新のビットコインファンドの1つは、最初の2週間で322人の投資家から2,940万ドルを調達したため、最も人気のある1つとなりました。 リターンは、大規模な投資家がビットコイン商品に大きな意欲を持っていることを示しています。

ビットコインやその他のデジタルコインの人気の高まりにより、米国の大手銀行はクライアントに仮想通貨の公開を提供するようになりました。 日々、ますます多くの機関が仮想通貨を採用し始めており、これは彼らの価格に影響を与える可能性があります。

仮想通貨に関するニュースをフォローし、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、リップルを取引しながら、毎月10,000ドルの賞金とiPhone12を獲得するコンテストにご参加ください。