パンデミック前後の世界経済トップ10

top 10 world economies

コロナウイルスのパンデミックは、多くの経済を直近の歴史中で最悪の景気後退に導き、世界最大の経済ランキングを入れ替えました。

これは、パンデミック前後の最大経済トップ10のリストです(IMFの世界経済見通しデータベースに表示され、国全体の米ドルでの名目GDPを比較することによってCNBCによって分析されています)。

2019年 最大の経済国

  1.  米国
  2. 中国
  3. 日本
  4. ドイツ
  5. インド
  6. 英国
  7. フランス
  8. イタリア
  9. ブラジル
  10. カナダ

2020年 最大の経済国

  1. 米国
  2. 中国
  3. 日本
  4. ドイツ
  5. 英国
  6. インド
  7. フランス
  8. イタリア
  9. カナダ
  10. 韓国

米国、中国、日本、ドイツは依然として上位4位を占めていますが、一部の国は順位が変化し、1か国は上位10位から外れました。

インドは5位から6位に1つ下げ、現在は英国に遅れをとっています。 コロナウイルスの蔓延を封じ込めようとして、英国では厳格なロックダウンが行われました。 ブラジルは12位に落ちたため、トップ10から外れています。 ブラジルはコロナウイルスの症例数が3番目に多く、ジャイール・ボルソナロ大統領が国のロックダウンを課すことを拒否したため、世界で2番目に多くの死者を出しています。 韓国は10位に上昇しました。 韓国では2020年にウイルスの封じ込めにある程度成功し、半導体の輸出が好調だったため、昨年は経済が上位にランクインしました。

世界経済に関する最新ニュースをフォローして取引プランを準備し、200%のご入金ボーナスと3倍の証拠金で外国為替をお取引ください。